1位 土屋ホーム 仙台支店の口コミや評判

あたたかさと住み心地のよさを大切にする「頼れる」ハウスメーカー

安全で快適な家づくり
断熱・気密・耐震に自信

自社大工の育成に注力
知識と技術のある職人

設計・プランニング
間取りや提案に自信あり

リアルサイズで確認
モデルハウスが豊富

株式会社土屋ホームは、住み心地や安全性はもちろん、コロナ禍のニーズに合わせた提案までを行うハウスメーカーです。マイホームを検討する際には「住み心地や安全性にこだわりたい」「コロナ禍でも臨機応変に対応してくれるハウスメーカーに依頼したい」と考える方も多いでしょう。

そんな方の願いが叶えられるのが、宮城県仙台市にある土屋ホームです。ここで、土屋ホームの魅力や特徴を詳しくご紹介します。宮城県仙台市や東北地域でマイホームを建てたいと検討している方は、ぜひ最後までご覧ください。

また、カーディナルハウスブランドで省エネ大賞最高賞を受賞されております。受賞されていることからもわかるように、住宅の性能に対して安心できると言えるでしょう。
受賞内容の詳細はこちら

土屋ホームの施工事例

家族のつながりを大切にした開放的な間取り

土屋ホームの施工事例画像

土屋ホームの施工事例画像

土屋ホームの施工事例画像

エリア 宮城県名取市
家の種別 カーディナルハウス
家の特徴 白と黒い木目調の外壁がおしゃれな外観。庭に向かってテラス屋根がせり出している。リビングから望むキッチンとダイニング。右手の石張りの壁がおしゃれな雰囲気に

社屋と住居一体の三階建ては、時代の先端いくZEHプラス

土屋ホームの施工事例画像

土屋ホームの施工事例画像

土屋ホームの施工事例画像

エリア 宮城県大和町
家の種別 カーディナルハウス
家の特徴 経済産業省が普及を進めている、高性能の省エネ住宅「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」。1階がオフィスとショールーム。2・3階が住居の店舗併用型住宅。多くの人が訪れるホテルをイメージしたデザインに

築50年をシンプルモダンへ~吹き抜けのある30帖の広々LDK~

土屋ホームの施工事例画像

土屋ホームの施工事例画像

土屋ホームの施工事例画像

家の種別 カーディナルハウス
家の特徴 起伏のある土地に開けた住宅街の一角にたつ。白い外壁に大きな窓が印象的なお宅。対面式キッチンとダイニングルーム。木製テーブルが大理石調の白いフローリングに映える。

土屋ホーム特徴① あたたかく快適な家をつくるハウスメーカー

土屋ホームの画像2

宮城県仙台市にある「土屋ホーム」は、創業以来「あたたかい家」を提供してきました。暮らす人の住み心地を第一に考えて「BES-T 構法」を採用し、断熱性と気密性を高めています。

「BES-T 構法」とは、伝統的な木造軸組構造に土屋ホームの外断熱を加えた構法です。構造躯体を断熱材で外側から覆い、柱や断熱材の隙間から家の温度が逃げるのを防いでいます。BES-T 構法によって冬は暖かく、夏は涼しく快適に過ごせる家を実現しているのです。

快適な空気環境を実現する「24時間換気システム」

土屋ホームでは、「24時間換気システム」を採用しています。24時間換気システムとは、窓を開けなくても外気を室内に入れ、室内の空気を外に排出する仕組みです。

給気と排気を自動的に機械が行うため、外の新鮮な空気を上手く取り入れながら、家の中が適温になるように作動します。また「熱交換換気」も同時に行っているため、家の温度を保ちながら快適な空気環境を実現しています。

土屋ホーム特徴② 災害に備えた揺るぎない安全性

土屋ホームの画像3

土屋ホームでは、地震や台風、火災など様々な環境問題に向き合い、住む人が安全に暮らせる家づくりを提供しています。伝統的な工法に独自の技術を組み合わせた技術開発を実現することで、安全性のある高水準の家づくりを実現しています。

土屋ホーム独自の構造

軸組構造と壁構造を組み合わせた「点」と「面」で支える家づくりをしています。地震や台風などの災害が起きた際に、外力を建物全体に分散させることで「耐久性」を生み出しています。接合部には、耐久性をより高める土屋ホーム独自の接合金物を採用。

基礎・土台

基礎・土台は、住宅建築における耐久性の要です。土屋ホームの基礎・土台は、コンクリートと鉄を組み合わせた頑丈な構造。建物の重さに十分に耐え、沈下を防ぎます。

土屋ホーム特徴③ 自社大工による安心性のある家づくり

土屋ホームの画像4

土屋ホームでは下請けに依頼することなく、自社の職人による家づくりを行っています。自社工場での徹底した品質管理、自社設立の訓練学校「土屋アーキテクチュアカレッジ」による大工の育成を行い、確かな安心を提供しています。

徹底した品質管理を実現する「自社工場」

土屋ホームでは、自社工場と地域指定工場にて住宅建設に用いられる部材をあらかじめ加工し、建築現場に運んで施工をする「プレカット方式」を取り入れています。構造計算による緻密な設計、積算、生産、品質や工程、安心管理までの一貫した施工管理体制を行っているため、品質には安心していただけます。

自社設立の「土屋アーキテクチャカレッジ」

土屋ホームは、技術職の訓練学校「土屋アーキテクチャカレッジ」を設立。実践的な技術を伝え、大工の育成を行っています。施工は外部に依頼するのではなく、自社の職人が直接施工しています。「安心の自社大工」による家づくりで、確かな品質はもちろん、長く安心して暮らせる家づくりができています。

土屋ホーム特徴④ 行うコロナ禍のニーズに応えた提案

土屋ホームの画像5

新型コロナウイルス流行に伴い、外出を極力控える中で「お家時間」を楽しむ家庭も増えてきました。土屋ホームでは、顧客それぞれのライフスタイルに合わせて家づくりを行います。そのパターンはさまざまで、たとえば家族との時間を大切にできる「5層構造の遊び心溢れる住まい」も設計しています。

大開放の吹き抜けリビング、隠れ家風の和室、アウトドアやグランピングが楽しめるバルコニーなど、お家時間を満喫する上で十分な住まいづくりです。また、打ち合わせはオンラインでも可能となっており、「コロナ禍のため、なるべくならオンラインで打ち合わせしたい」と考えている方も安心して利用していただけるでしょう。

土屋ホーム特徴⑤ モデルハウスだけでなく建売住宅も体感できる

土屋ホームの画像6

土屋ホームでは、モデルハウスを見学するだけでなく、実際に建てる建物に大きさも仕様も近い建物を見学でき、無料で建売住宅に宿泊体験が可能です。一般的な建築会社だとモデルハウスの見学のみのため、室内の温度や空気環境、住宅の設備や間取りなどをじっくりと見ることができませんよね。

しかし、土屋ホームであれば宿泊体験を通して体感ができるため、土屋ホームのプランニング力・設計力を見てみたいという方には特におすすめです。リアルサイズモデルハウスみたいな形で見学することも可能なので、「住み心地を体感してから検討したい」という方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

1泊2日の宿泊体験の流れ

1泊2日の宿泊体験の流れとして、まずは実際に建売住宅へ足を運び、土屋ホームの担当者より、宿泊体験棟の案内や説明を受けます。その後、住宅の相談や打ち合わせを土屋ホームの担当者と行います。

切りのいいタイミングで夜ご飯を食べ、入浴タイムやリラックスタイムを経て就寝。翌日のチェックアウトは10時ですので、起きてからも朝食を食べ、十分にゆっくり過ごしながら確認することが可能です。

まずはモデルハウスの宿泊体験をしてみよう!

土屋ホームは、住み心地や安全性はもちろん、コロナ禍のニーズに合わせた提案もしてもらえる今の時代に合ったハウスメーカーです。本記事をお読みいただき、「土屋ホームの家を体感してみたい」「モデルハウスを実際に目で見て確かめたい」などと思った方は、ぜひ一度モデルハウスの宿泊体験をしてみましょう。

土屋ホームのモデルハウスは前述した通り見学のみを行うだけでなく、実際に宿泊体験することができます。「実際に宿泊して住み心地を体感する」からこそ気づけることはたくさんあると思います。ぜひこのメリットある体験プランを活用して、モデルハウスの宿泊体験をしてみましょう!

土屋ホームに寄せられた口コミ

納得のいく説明をしていただいた

高い建築技術と住宅性能。外断熱工法や基礎的断熱等で劣化の少ない家が建つ。リビングのコンソールで空調やお風呂の温度設定ができるのは子育て世代にはうれしい機能。また、担当の方の接客が良い。他社の展示場では住宅ローン減税等の説明で不信感を持ったが、土屋ホームの担当の方は制度について根拠となる資料を提示し納得のいく説明をしていただいた。

引用元:https://www.homes.co.jp/

落ち着いたモダンなデザインです

新築した友人のお家が土屋ホームさんで建てていてとても素敵だったので、たまたま外出先で出店していた土屋ホームさんの相談カウンターでお話を聞きました。北海道在住なので暖房器具は必須なのですがパネルヒーターではなく天井から暖気がくるとのことで空間を有効利用できてとても魅力的な設計だなと思いました。デザインもモダンでおしゃれに感じますし、機能的だと感じました。
説明担当をしてくれた方もこちらがまだ比較検討の段階だとわかっていてとても丁寧にわかりやすく説明をしてくれて好感が持てました。他メーカーではグイグイこられて途中で嫌気が差してしまうような方もいたので営業担当の方との相性も家を建てる際にはとても重要だなと感じました。

引用元:https://www.homes.co.jp/

暖かくてホッと出来る家

モデルルームに行った時に、営業担当の方から熱心に説明を受け、「ここなら満足できる家を建ててくれる」と直感しました。こちらから無理なお願いをしましたが、限られた予算の中で希望通りに仕上がるよう、プランをいくつか提案してもらえました。
工事が始まってからは、たびたび見学に行きましたが、いつも職人さん達が元気よく挨拶してくれたのも嬉しかったです。完成した我が家はとにかく部屋が暖かく、思わず「暖房無しでも大丈夫じゃない?」と感じてしまったほどです。営業さんをはじめ、設計やインテリアコーディネーターの方もセンスが良く、まさに私と相性ピッタリなハウスメーカーでした。

引用元:https://www.homes.co.jp/

細かいところも解説十分!

土屋ホームさんでは、自分が住みたい家がある場合にはよりその希望に近づけた施工をしてくれます。私は今回は、相談に行って寒い場所でも快適に暮らしたいという希望で質問をしてみました。北海道の場合を例にした実用的な説明をしてもらったので、非常にわかりやすかったです。家を建てる予定がまだ立っていなくても、一度見学に行ってみるだけでも非常に今後の家設計の参考になると思います。
スタッフの対応が悪いと本題に集中しにくいこともありますが、今回はスタッフの方も優しく対応してくれてよかったです。

引用元:https://www.homes.co.jp/

名称土屋ホーム 仙台支店
住宅ブランドCARDINAL HOUSE(カーディナルハウス)/LIZNAS(リズナス)
工法日本の風土にマッチした伝統的な木造軸組構造を進化させた「BES-T 構法」
住所【仙台支店】宮城県仙台市若林区卸町2丁目1-4 卸町イーストンビル3F
TEL / FAX(022)788-2411 / 028-610-1801
設立2008年(平成20年)6月13日(株式会社新土屋ホーム)
資本金71億1481万5千円
URLhttps://www.tsuchiyahome.jp/
営業時間9:00~18:00
定休日水曜日
モデルハウス仙台モデルハウス
宮城県仙台市宮城野区中野3-7-2
ミヤギテレビ総合住宅展示場・ECONOHA内
オンライン相談の可否
MAP   
建設業許可番号特定建設業国土交通大臣許可(特 -29) 第26926号
土屋ホームの公式サイトを見てみる 【仙台市】おすすめの注文住宅メーカーランキングはこちら
SEARCH

READ MORE

仙台市青葉区は、仙台市の中で最も面積が広い地域です。人口も多く、東北地方の中枢を担う行政機関や教育施設が集まっています。 仙台駅を中心に鉄道やバスが充実しているため、県内外問わずアクセスしや

続きを読む

仙台市泉区は、古くからベッドタウンとして人気のあるエリアです。近年、アウトレットモールやイオンモールなどの商業施設が増えたことから、さらに注目を集めています。 自然が豊かな公園やスポーツ施設

続きを読む

宮城県仙台市は、東北地方の経済の中心として知られていますが、その優れた都市機能と豊かな自然から、「杜の都」とも呼ばれています。仙台市の中でも若林区は、落ち着いた雰囲気でありながら交通の利便性

続きを読む

会社名:株式会社東建ビルダー 住所:栃木県足利市島田町820 電話番号:0284-72-0645 株式会社東建ビルダーは「暮らしを愉しむをデザインする」をコンセプトにした建設会社です。顧客の

続きを読む

仙台市は、宮城県の県庁所在地として知られています。東北のなかでも大きな都市なので、全国から移り住む人も多いです。 では、そんな仙台市にはどんな魅力があるのでしょうか。移り住む前に、仙台市の魅

続きを読む

会社名:株式会社 アイ工務店東北営業本部 住所:〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町三丁目6番1号 一番町平和ビル1階2階 電話番号:022-738-9399 アイ工務店の家づくりで

続きを読む

会社名:株式会社 あいホーム 住所:〒981-3329 宮城県富谷市大清水1丁目31番地6 電話番号:022-348-8151 あいホームは地元の宮城に根付いたアットホームな工務店です。顧客

続きを読む

注文住宅を考えている方は、2LDKを考える人が多いのではないでしょうか。2LDKは、両親と子どもで暮らすのにぴったりな広さだと考えられます。しかし、デメリットもあることを考慮し、適切に設計し

続きを読む

家の中の部屋の数や、配置を示すために、間取りという概念があることをご存知でしょうか。部屋の数と役割について、一目でわかるように3LDKなど、部屋の数の数字と、役割の頭文字のアルファベットを使

続きを読む

注文住宅を建てようと考えている方、3LDKの間取りを検討されていますか?3LDKは、大人数で暮らす際に何不自由なく快適に過ごせるメリットがある、人気の間取りです。しかし、デメリットもあるため

続きを読む